こんなことを思ったり。ぼちぼちかんげき。

アラフィフ負け犬がビンボーと戦いながら、観劇したものなんかを感激しながら記録。

記録用つぶやきまとめ@寺田瀧雄没後20年メモリアルコンサート

6/16(土)17:00~ 梅田芸術劇場

忙しくてブログにまとめることができなかったイベントですが、記録としてTwitterのつぶやきを自分のために残しています。

f:id:morton:20210803162312j:image

大浦みずき(ナツメさん)の同期生で、同時期に月組のトップスターでいらした剣幸(ウタコ)さん。

ナツメさんのトップ時代のショーでは相手役だったり、ナツメさんのすぐ後ろなどで踊っていらした安寿ミラ(ヤン)さん。

そしてナツメさんのサヨナラ公演で、やっと主演ナツメさんの役を演じた真琴つばささん(マミちゃん)。

その3人が歌い、卒業後のナツメさん主演のダンス公演に出演されていた朝海ひかるさんが踊っているのです。

その4人の中に「ナツメさん」が確実に存在しているからこそ、涙しました。

 

涼風真世さん(カナメちゃん)がプラチナブロンドっぽい色のふわふわショートヘアで登場。かわいらしい歌を歌われる姿はフェアリーそのもので、年齢を全く感じさせないのが怖いくらいでした笑

しかしこのヘアスタイルだと二部で歌われた「我が名はオスカル」ではちょっと違和感があったのも面白かったです。

この日は初日のALLバージョンだったのですが、プログラムによると柴田先生バージョンと植田先生バージョンもあって、この回では歌われない曲もいっぱいあったのです。

特に下にもつぶやいている「ヴェネチアの紋章」の中の「白い綾絹の君」を歌う真琴つばささんを見たっかったですし、日向薫さんが月影瞳さんと歌う「炎のボレロ」も聴きたかったです・・・!

初演の「凱旋門」には間に合わず、再演版で見ているのですが

stok0101.hatenablog.com

 初めて轟悠さん(イシちゃん)と月影瞳さん(グンちゃん)のコンビでこの曲を聴いて、ああやっぱりイシちゃんのジョアンはグンちゃんなのだな、と痛感しました。

改めて、初演版も見てみたいです。

 

今月見た再演というのがこれですね。

stok0101.hatenablog.com

 

実は「愛!」の歌の中でもろもろミスがあったようなのですが、まったく気づけないくらい杜ちゃんに没頭していたわたし。

杜ちゃん最後の1992年「TMP音楽祭」で歌われたのですが、これがわたしの最初で最後の「TMP音楽祭」観劇だったので、感慨もひとしおだったのです。

 

あと忠臣蔵の主題歌は「花に散り雪に散り」ですね。大変失礼しました。

しかし本当にそれぞれに青春時代を思いだせるコンサートでした。